HRI
 トップページ > イベント情報 > 2018年03月23日『一橋総研三田経済研ジョイントセミナー』ご利用に際して個人情報保護方針 
トップページ
書籍
イベント
一橋総研とは
リンク
お問い合わせ
イベント情報 イベント情報
2018年03月23日

一橋総研三田経済研ジョイントセミナー

イベント一覧に戻る プリント用のページを開く この記事を知人に知らせる

第5回目の一橋総研・三田経済研ジョイントセミナー「「ドイツの道」「日本の道」―なぜ、ここまで違ってしまったのか?」を下記の如く開催しますので奮ってご参加下さい。

※参加される場合は下記申込先もしくは申込フォームよりお申し込みください。

概要
共 催一橋総合研究所
三田経済研究所
日 時2018年3月23日(金) 18:30〜20:30頃
テーマ「「ドイツの道」「日本の道」―なぜ、ここまで違ってしまったのか?」

第二次世界大戦の敗戦国として共に廃墟から立ち直り、世界の民主主義と経済復興に大きく貢献した日独両国。しかし戦後70年、東西ドイツの統一を果たし、財政均衡を取り戻し、EUの盟主となったドイツと、一方いまだに官僚主導の前例主義や行き過ぎた民主主義から抜け切れず、巨額の財政赤字を積み上げ、安全保障では独立国としての尊厳も失われつつあるわが国日本。なぜそのような差が出来たのか? その「なぜ」を解くカギは、今のメルケル政権の施政ではなく、20年前に中だるみのドイツに復活のメスを入れたシュレーダー政権の思い切った施策“AGENDA 2010”にあった。
講 師■早瀬勇氏(横浜日独協会会長・元金沢星稜大学学長)

一橋大学経済学部(昭和34年)卒、旧東京銀行入行、西独ゲッティンゲン大学留学。フランクフルト支店為替資金課長。国連緩衝基金である国際天然ゴム機関と国際錫理事会の日本政府代表代理。
鹿島建設(株)国際財務部長、同社本社顧問。金沢経済大学大学院教授。2004年金沢星稜大学学長就任。
2010年横浜日独協会初代会長就任。主要著書『ドイツの試練−難民、ギリシャ危機、脱原発』(2016)。
場 所東京都千代田区一ッ橋2-1-1 如水会館 14F 「記念室東」

東京メトロ東西線竹橋駅下車 1b出口 徒歩4分
東京メトロ半蔵門線神保町駅下車 A8・A9出口 徒歩3分
都営地下鉄三田線神保町駅下車 A8・A9出口 徒歩3分
都営地下鉄新宿線神保町駅下車 A8・A9出口 徒歩3分
会 費3,000円
※サンドイッチ&コーヒー・紅茶付き
※参加費は当日会場でお支払いください。
定 員40名
(先着順のため超過した場合、お断りすることがあります)
お問合先info@h-ri.org
※上記メールアドレスまで送信下さい。
お申込お申込みフォームよりお申し込み下さい。
TOP PAGEこのページのいちばん上へ
ご利用に際して個人情報保護方針 Copyright (c) 2002-2018 Hitotsubashi Research Institute. All Rights Reserved.